車の外装の塗装の方法

車の外装にダメージを受けた場合や、誤って擦り傷などを与えてしまった場合は塗装修理を行うことになるでしょう。しかし、専門の業者へ依頼を行うと驚くほどの請求が発生することがあります。小さな傷であれば、自分で行うことも不可能ではありません。重要なことは、まずはボディカラーを合わせることです。必ず専用の塗料でさらに同じカラーの塗料を選ぶようにしましょう。また、自分が乗っている車のカラーが販売されていない場合は、ディーラーや塗装専門業者へ依頼を行うと塗料を作成してくれる場合があります。カラーは時間が経つと薄くなってしまい、ボディーカラーは購入当初の色と違う色になってしまいます。こうした状態でも、今現在のボディカラーに合わせて塗料を作成してくれますので、安心して自分で塗装作業を行うことができるでしょう。

車の外装の塗装作業方法

自分で車の塗装を行う前は、事前に準備を行うことがとてもたくさんあります。早く直したいと考え、傷がある部分にそのまま塗料を塗りこんでしまう人がいますが、これでは綺麗に補修はできません。傷があるときよりも見た目が酷くなってしまうこともあるほどです。重要なポイントは、まずは下地をしっかり均すことです。塗装のダメージが目に見えるのは、ボディへ当たる光の反射の方向が変わってしまうことでそう見えます。つまり、まずは傷の部分をフラットにすることが重要です。コンパウンドを使用して、まずは傷の箇所を均しましょう。周辺の塗装部分のフラットになれば、塗料を実際に塗っていきます。その際には、必ず少しずつ作業を行うようにしましょう。あせってしまい一度に塗りこんでしまうと表面が荒れてしまい、傷があるときよりも酷い見た目になってしまいます。

飽きないように車を塗装しよう

車を購入したときは自分の気に入った色やボディーを選ぶのが当たり前です。買った当初は自分の気に入った車なので、楽しく運転できて充実した生活になります。ですが、人間というのはいつか「飽きる」という感情が出てきます。最初は自分が好きで購入した自動車ですから「飽きるなんてあり得ない」と多くの人が口を揃えて言っています。それでも飽きてしまいます。そのときに飽きた自動車をずっと乗るのも良いですが、つまらない人生になってしまいます。だからといって新しい車を購入するのは、金銭面で苦しいので、今乗っている自動車でまた新鮮な気持ちで乗ることができる方法が「塗装」です。これで自動車の見た目の色を変えることでき、買った当初の新鮮な気持ちがまた芽生えます。これで費用がそんなに掛からずに飽きというのをリセットできます。